復活節第4主日の礼拝 2022/05/08

午前10時30分 〜 聖餐式
司式・説教:永野 拓也司祭

✝聖歌
159番
167番
240番
160番
※全曲2節まで唄います

✝特祷
永遠の契約の血によって良い羊飼い、主イエス・キリストを死人の内からよみがえらせられた平和の神よ、どうかわたしたちをみ旨に喜ばれるすべての良い業を行わせてくださいますように、主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

✝聖書朗読
使徒言行録        13章:15-16節、26-33節、(34-39)
使 徒 書 ヨハネの黙示録        7章: 9−17節
福 音 書 ヨハネによる福音書     10章:22−30節

✝福音書
【ヨハネによる福音書10章:22−30節】
10:22 そのころ、エルサレムで神殿奉献記念祭が行われた。冬であった。
10:23 イエスは、神殿の境内でソロモンの回廊を歩いておられた。
10:24 すると、ユダヤ人たちがイエスを取り囲んで言った。「いつまで、わたしたちに気をもませるのか。もしメシアなら、はっきりそう言いなさい。」
10:25 イエスは答えられた。「わたしは言ったが、あなたたちは信じない。わたしが父の名によって行う業が、わたしについて証しをしている。
10:26 しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。
10:27 わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。
10:28 わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。
10:29 わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。
10:30 わたしと父とは一つである。」