マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を救うからである。(マタイによる福音書第1章20節から21節)

主の平和をお祈りいたします。
主イエスは、ペツレヘムの家畜小屋でお生まれになりました。羊飼いたちはこの方を平和をもたらす救い主と信じ、布にくるまって飼い葉桶に寝ている幼子を探し当てました。
一方、占星術の学者たちは、空に輝<星を救い主誕生のしるしと理解して、パレスティナ地方に向けて旅立ち、星の導きによって幼子と出会いました。
福音書を書いた聖ヨハネは、この幼子の誕生はすぺて神さまがこの世界を愛して<ださった結果だと伝えています。時代や場所を超え、人生における暗闇を明る<照らし続けておられる救い主の誕生を心からお祝いするため、是非、礼拝へお越し<ださい。お待ちしております。
2018年降臨節
日本聖公会広島復活教会牧師
司祭 ヨシュア 長田古史

★降誕目前タ(クリスマス・イヴ)礼拝
12月24日(月・祝)午後5時00分から

降誕目前タ(クリスマス・イヴ)礼拝
七つの聖書日課とキャロル
*クリスマスに関する七つの聖書箇所の朗読とお話、た< さんのグ」スマスの歌を歌ってイエスさまがこの世にお 生まれになったことをお祝いします.
*どなたでもお越し<ださい。お待ちしております。
*当日は、表玄関前の駐車はご遠慮<ださい。

午後8時00分
降誕白く第一)聖餐式
*聖歌はな<、クリスマスメッセージと聖餐です。

★降誕日聖餐式
12月25日(火) 午前10時30分

*礼拝後、軽食をいただき、共にイエスさまがこの世にお生まれになったことをお祝いします。

■降誕節には、信徒は聖餐にあずかりましょう。病床聖餐の必要な方は、ご遠慮なくお申し出ください。