ようこそ!広島復活教会webへ


私たち広島復活教会は、英国国教会(英国聖公会:アングリカンチャーチ)の正統な流れをくむ日本聖公会の、神戸教区に属する「キリストの教会」です。毎週日曜日には教会に集い、礼拝を守ります。教会内の各会(グループ)による活動を通し、広く社会との関わりを持ち、地域に開かれた教会を目指しております。
正式名称:宗教法人日本聖公会広島復活教会

メニュー
当教会へのお問い合わせは

お電話:082-227-1553
 F A X :082-227-0818
お手紙・お葉書
〒730-0014
広島市中区上幟町10-11
まで、お願いいたします。

訪問者カウンタ
今日 : 91
昨日 : 180
今月 : 3069
総計 : 1445422
平均 : 462
今つながっている人々
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 今週の福音書 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
     


  
投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2015-12-27 09:27:51 (544 ヒット)

初めに言(ことば)があった。言(ことば)は神と共にあった。言(ことば)は神であった。
この言(ことば)は、初めに神と共にあった。
万物は言(ことば)によって成った。成ったもので、言(ことば)によらずに成ったものは何一つなかった。
言(ことば)の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。
彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。
彼は光ではなく、光について証しをするために来た。

その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。
言(ことば)は世にあった。世は言(ことば)によって成ったが、世は言(ことば)を認めなかった。
言(ことば)は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。
しかし、言(ことば)は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。
この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。

言(ことば)は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

ヨハネは、この方について証しをし、声を張り上げて言った。
「『わたしの後から来られる方は、わたしより優れている。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」
わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。

いまだかつて、神を見た者はいない。
父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2015-12-20 10:02:51 (487 ヒット)

そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。
そして、ザカリアの家に入ってエリサベトに挨拶した。
マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、その胎内の子がおどった。エリサベトは聖霊に満たされて、
声高らかに言った。「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。
わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。
あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。
主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」

(そこで、マリアは言った。
◆マリアの賛歌
「わたしの魂は主をあがめ、/わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。
身分の低い、この主のはしためにも/目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人も/わたしを幸いな者と言うでしょう、
力ある方が、/わたしに偉大なことをなさいましたから。その御名は尊く、
その憐れみは代々に限りなく、/主を畏れる者に及びます。
主はその腕で力を振るい、/思い上がる者を打ち散らし、
権力ある者をその座から引き降ろし、/身分の低い者を高く上げ、
飢えた人を良い物で満たし、/富める者を空腹のまま追い返されます。
その僕イスラエルを受け入れて、/憐れみをお忘れになりません、
わたしたちの先祖におっしゃったとおり、/アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」)

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2015-12-13 03:04:55 (522 ヒット)

そこでヨハネは、洗礼を授けてもらおうとして出て来た群衆に言った。

「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。
悔い改めにふさわしい実を結べ。
『我々の父はアブラハムだ』などという考えを起こすな。
言っておくが、神はこんな石ころからでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。
斧は既に木の根元に置かれている。
良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。」

そこで群衆は、「では、わたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。

ヨハネは、「下着を二枚持っている者は、一枚も持たない者に分けてやれ。食べ物を持っている者も同じようにせよ」と答えた。
徴税人も洗礼を受けるために来て、「先生、わたしたちはどうすればよいのですか」と言った。
ヨハネは、「規定以上のものは取り立てるな」と言った。

兵士も、「このわたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。
ヨハネは、「だれからも金をゆすり取ったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ」と言った。

民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。

そこで、ヨハネは皆に向かって言った。

「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

ヨハネは、ほかにもさまざまな勧めをして、民衆に福音を告げ知らせた。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2015-12-06 08:34:38 (531 ヒット)

皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアがアビレネの領主、アンナスとカイアファとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。

そこで、ヨハネはヨルダン川沿いの地方一帯に行って、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。

これは、預言者イザヤの書に書いてあるとおりである。

「荒れ野で叫ぶ者の声がする。
『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。
 谷はすべて埋められ、/山と丘はみな低くされる。
 曲がった道はまっすぐに、/でこぼこの道は平らになり、
 人は皆、神の救いを仰ぎ見る。』」

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2015-11-29 07:53:30 (558 ヒット)

「それから、太陽と月と星に徴が現れる。地上では海がどよめき荒れ狂うので、諸国の民は、なすすべを知らず、不安に陥る。
人々は、この世界に何が起こるのかとおびえ、恐ろしさのあまり気を失うだろう。天体が揺り動かされるからである。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。
このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ。」

◆「いちじくの木」のたとえ
それから、イエスはたとえを話された。「いちじくの木や、ほかのすべての木を見なさい。
葉が出始めると、それを見て、既に夏の近づいたことがおのずと分かる。
それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、神の国が近づいていると悟りなさい。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


« 1 ... 23 24 25 (26) 27 28 »
 
     
今週記念日の方々

*誕生記念日を迎える人
15日 マタイ 濱生  創さん
16日 マリア 宮地  惠さん
17日 ヨシュア 木村  勇さん
18日 モニカ 永野 園子さん
21日 モニカ 井東 妙子さん
        ハンナ 永田 加枝子さん
        ダビデ 中川 弘敏さん

*洗礼記念日を迎える人

19日 ロイス 西村 睦子さん

*堅信記念日を迎える人

16日 マリヤ 有田 房子さん

*病気療養中の人たちと看護に当たる人たち
特に西村 郁子さん、多田 明生さん

*逝去記念日を迎える人
15日 西村 公伯さん(46周年)
16日 小島 そてさん(75周年)
        ルカ 佐々木 豊治さん(6周年)
20日 ハンナ 福間 弥生さん(7周年)
21日 マリア 井口 八重子さん(48周年)
        ヨブ 三浦 順吉さん(43周年)

メール報登録と解除

こちらからHRC教会メール報配信の登録・解除ができます。
受取メールアドレスを記入の上、[登録]または[解除]ボタンを押してください

メール報登録
powered byメール配信CGI acmailer
メール報登録解除
powered byメール配信CGI acmailer

メール報のバックナンバー

pagetop