《A年:マタイによる福音書 5章:1-12節》

投稿日時 2020-10-31 12:00:00 | カテゴリ: Goodnews

イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。
柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。
義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。
心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」
〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉




こんにちは。広島復活教会ですにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://hrc-nskk.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://hrc-nskk.jp/modules/goodnews/index.php?page=article&storyid=386