ようこそ!広島復活教会webへ


私たち広島復活教会は、英国国教会(英国聖公会:アングリカンチャーチ)の正統な流れをくむ日本聖公会の、神戸教区に属する「キリストの教会」です。毎週日曜日には教会に集い、礼拝を守ります。教会内の各会(グループ)による活動を通し、広く社会との関わりを持ち、地域に開かれた教会を目指しております。
正式名称:宗教法人日本聖公会広島復活教会

当教会へのお問い合わせは

お電話:082-227-1553
 F A X :082-227-0818
お手紙・お葉書
〒730-0014
広島市中区上幟町10-11
まで、お願いいたします。

メニュー
訪問者カウンタ
今日 : 9
昨日 : 185
今月 : 3323
総計 : 1405835
平均 : 483
今つながっている人々
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 今週の福音書 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
     


Goodnews
Goodnews : 《A年 マタイによる福音書 第22章:34-46節》
投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2017-10-28 12:00:00 (58 ヒット)

ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。
そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。
「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」

イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

ファリサイ派の人々が集まっていたとき、イエスはお尋ねになった。
「あなたたちはメシアのことをどう思うか。だれの子だろうか。」彼らが、「ダビデの子です」と言うと、イエスは言われた。

「では、どうしてダビデは、霊を受けて、メシアを主と呼んでいるのだろうか。『主は、わたしの主にお告げになった。「わたしの右の座に着きなさい、わたしがあなたの敵をあなたの足もとに屈服させるときまで」と。』

このようにダビデがメシアを主と呼んでいるのであれば、どうしてメシアがダビデの子なのか。」これにはだれ一人、ひと言も言い返すことができず、その日からは、もはやあえて質問する者はなかった。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
 
     
今週記念日の方々

*誕生記念日を迎える人
18日 アブラハム高野 守二さん
20日 テレジア岩井 宏華さん
23日 洗礼者ヨハネ梅村 俊輔さん


*洗礼記念日を迎える人
18日 サムエル安部 良さん
マリヤ有田 房子さん
19日 ベタニアのマリア谷 照子さん
20日 ヨハネ速水ただし(ただしハ)
クララ後藤 邦江さん
アンナ後藤 典江さん
21日クララ谷崎 理絵さん
22日ステパノ川手 房之さん
パウロ貞盛 克己さん
クラウディア守中 和子さん

*堅信記念日を迎える人
21日 パウロ二井 正秀さん
22日 セシリア橋口 靖子さん

*病気療養中の人たちと看護に当たる人たち
特に西村 郁子さん、西村 功さん、多田 明生さん、三鍋 裕(ゆたか)主教(横浜教区主教)

*逝去記念日を迎える人
19日 ルツ永田 愛子さん(14周年)
22日 ヨハネ大八木 康夫さん(22周年)
23日 ハンナ西村 ふみさん(23周年)

メール報登録と解除

こちらからHRC教会メール報配信の登録・解除ができます。
受取メールアドレスを記入の上、[登録]または[解除]ボタンを押してください

メール報登録
powered byメール配信CGI acmailer
メール報登録解除
powered byメール配信CGI acmailer

メール報のバックナンバー

pagetop