ようこそ!広島復活教会webへ


私たち広島復活教会は、英国国教会(英国聖公会:アングリカンチャーチ)の正統な流れをくむ日本聖公会の、神戸教区に属する「キリストの教会」です。毎週日曜日には教会に集い、礼拝を守ります。教会内の各会(グループ)による活動を通し、広く社会との関わりを持ち、地域に開かれた教会を目指しております。
正式名称:宗教法人日本聖公会広島復活教会

当教会へのお問い合わせは

お電話:082-227-1553
 F A X :082-227-0818
お手紙・お葉書
〒730-0014
広島市中区上幟町10-11
まで、お願いいたします。

メニュー
訪問者カウンタ
今日 : 633
昨日 : 881
今月 : 21733
総計 : 1375027
平均 : 481
今つながっている人々
14 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 今週の福音書 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
     


Goodnews
Goodnews : 《A年 マタイによる福音書 第20章:1-16節》
投稿者 : hrcnskk 投稿日時: 2017-09-24 17:04:43 (47 ヒット)

「天の国は次のようにたとえられる。
ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。
主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。

また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、
『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。
それで、その人たちは出かけて行った。

主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。

五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。

夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。

そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。
最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。
しかし、彼らも一デナリオンずつであった。
それで、受け取ると、主人に不平を言った。

『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』

主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。
自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。
自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』

このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
 
     
今週記念日の方々

*誕生記念日を迎える人
22日 アンデレ森岡 廉(れん)さん


*洗礼記念日を迎える人
25日 マリア滝村 千代子さん

*受堅信記念日を迎える人
25日
ベタニアのマリア多葉井 範子さん
ロイス西村 睦子さん
マリア滝村 千代子さん

*妊婦のため
ことに橋口 香菜さん(イサク橋口 晋さんの奥様)の出産準備が祝されるため

*病気療養中の人たちと看護に当たる人たち
特に西村 郁子さん、多田 明生さん

*逝去記念日を迎える人
22日 下寺 牧江さん(74周年)
24日 ペテロ奥田 勇太郎さん(40周年)
26日 ルカ鶴岡 成太郎さん(11周年)
27日 中村 利之さん(46周年)
     緒方 隆吉さん(109周年)

メール報登録と解除

こちらからHRC教会メール報配信の登録・解除ができます。
受取メールアドレスを記入の上、[登録]または[解除]ボタンを押してください

メール報登録
powered byメール配信CGI acmailer
メール報登録解除
powered byメール配信CGI acmailer

メール報のバックナンバー

pagetop