2021/02/13 05:12:30
  • 【HRC_Mail】広島復活教会メール報 vol:987:2021/02/14

主の平和。
このメール報は {YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日
{EMAIL}宛てにお送りいたしております。

━━━━━━━━━━http://hrc-nskk.jp/━
■□■
□□□ 広 島 復 活 教 会 メ ー ル 報
■□■
■□■ 2021月2月14日号<2021-7>通巻:987
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●大斎節前主日●
【午前10時00分日曜学校】
お話:永野 拓也司祭
【午前10時30分聖餐式・受聖餐者総会】
司式・説教:長田 吉史司祭 補式:永野 拓也司祭
奏楽:脇坂 直美さん
聖書朗読:北野 一栄さん
受付:栗栖 直美さん、二井 正秀さん
新型コロナウイルス感染者増加に伴い、聖歌の再開は未定です

=□■†今主日の祈り:特祷【大斎節前主日】===
神よ、あなたはその独り子の受難の前に、聖なる山の上でみ子の栄光を現されました。どうか、わたしたちが、信仰によってみ顔の光をあおぎ見、自分の十字架を負う力を強められ、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられますように、主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

=□■†代 祷===============================
▼ 新型コロナウイルスに苦しむすべての方々のため共に祈りましょう
神さま、今、新型コロナウイルスによる感染被害が世界に広まっています。どうか、医療従事者をはじめ、感染拡大を防ぐために、日夜働く人びとを強め助け、一日も早く、このウイルス被害が終息しますようにお導きください。感染によって発症した人びとの苦しみを和らげ、速やかな快復をお与えください。亡くなられた人びとの魂とその家族の上に、平安がありますように。また、感染が拡がらないよう諸活動を自粛している人びとに、あなたの励ましがあり、皆心を一つにして、この災害を克服できますように。これらの願いを、主イエス・キリストのみ名によって、お願いいたします。アーメン
-----------------------------------
▼ カナダ聖公会のため
-----------------------------------
▼ 神戸教区の諸教会・伝道所のため。2月14日(日)は神戸聖ヨハネ教会のため。牧師のマルコ藤井尚人司祭の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 広島伝道区の諸教会のため。ことに2月14日(日)は、聖モニカ礼拝堂のため。聖モニカ礼拝堂に集う人々、ボーイスカウト広島26団、ガールスカウト広島県16団、聖書サークルの働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 主の公会の聖職に召される人が増し加えられるため

†††今週の福音書†††
----------------------------------------------------------------
【B年:マルコによる福音書 9章:2-9節】
六日の後、イエスは、ただペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の腕も及ばぬほど白くなった。
エリヤがモーセと共に現れて、イエスと語り合っていた。
ペトロが口をはさんでイエスに言った。「先生、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」
ペトロは、どう言えばよいのか、分からなかった。弟子たちは非常に恐れていたのである。
すると、雲が現れて彼らを覆い、雲の中から声がした。「これはわたしの愛する子。これに聞け。」
弟子たちは急いで辺りを見回したが、もはやだれも見えず、ただイエスだけが彼らと一緒におられた。
一同が山を下りるとき、イエスは、「人の子が死者の中から復活するまでは、今見たことをだれにも話してはいけない」と弟子たちに命じられた。
〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

──────────────────┐
□■ 報  告
──────────────────┘
■■ オリーブの会役員会
先主日2月7日(日)に行われ、以下のことが話し合われました
‘聖婦被献日献金申請の検討について
◆巓櫚の十字架」作りの日程等について
2月21日(日)のお仕事会について
-----------------------------------
■■ よきサマリアびと募金について
介護士候補生として来日していた、フィリピン聖公会北ルソン教区信徒のマイラ・エステバン・ドッキョゲンさんが、昨年香川県内で交通事故に遭い、昏睡状態となっています。現在、ご家族が日本に滞在(5/17までの予定)していますが、滞在費を必要としています(2/15まではフィリピン大使館等が負担)。皆さんのご協力をよろしくお願いいたします
目標金額:20万円
募金期間:3月1日(月)(第1次) / 6月30日(日)(第2次)

──────────────────┐
□■ 予  告
──────────────────┘
■■ 受聖餐者総会
2月14日(日)礼拝後に開催いたします。お残りください
-----------------------------------
■■ 2月度教会委員会
2月14日(日)総会後に行います。委員の皆さんはお集まりください
-----------------------------------
■■ 大斎始日(灰の水曜日)の聖餐式について
今週水曜日の午前7時と10時半から行います。ご予定ください

===================================
● 今週の予定
15日(月) 合同礼拝《聖モニカ幼稚園》
祈祷書改正委員会《リモート》
16日(火) 職員聖研《聖モニカ幼稚園》
17日(水) 合同礼拝《栄光こども園》
刺繍の会《復活教会》
18日(木)マイラさん支援室会議《リモート》
19日(金) 誕生日会《聖モニカ幼稚園》
===================================
● 今週の週日礼拝
2月17日(水) 午前07時00分 聖餐式 大斎始日
午前10時30分 聖餐式 大斎始日
===================================
● 次主日2月21日 大斎節第1主日
【午前10時00分 日曜学校】
お話:長田 吉史司祭
【午前10時30分 聖餐式】
司式・説教:長田 吉史司祭
奏楽:大内 由美子さん
聖書朗読:木村 勇さん
受付:滝村 千代子さん、永田 加枝子さん、増山 惠子さん
新型コロナウイルス感染者増加に伴い、聖歌の再開は未定です
========================================
□■□ 発行:広島復活教会 聖モニカ礼拝堂 :日本聖公会/神戸教区
■■■ 〒730-0014 広島市中区上幟町10-11 TEL:082-227-1553
□■□ 広島復活教会 インターネットコミュニケーションズ
□■□ HRC Internet Communications Division
========================================