2020/10/24 09:45:06
  • 【HRC_Mail】広島復活教会メール報 vol:975:2020/10/25

主の平和。
このメール報は {YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日
{EMAIL}宛てにお送りいたしております。

━━━━━━━━━━http://hrc-nskk.jp/━
■□■
□□□ 広 島 復 活 教 会 メ ー ル 報
■□■
■□■ 2020月10月25日号<2020-43> 通巻:975
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●聖霊降臨後第21主日(特定25)●
【午前10時00分 日曜学校】
お話:永野 拓也司祭
【午前10時30分 聖餐式】
司式・説教:永野 拓也司祭
聖書朗読:赤木 京子さん
受付:木村 勇さん、廣瀬 誠さん
聖歌・チャントは11月からの再開を目指しております。

=□■†今主日の祈り:特祷【聖霊降臨後第21主日(特定25)】===
全能の神よ、み子イエス・キリストは小さい者のために行うことはわたしのために行うことになる、と教えられました。すべての人の僕となり、わたしたちのために命を捨て、死なれたみ子のように、わたしたちにも隣り人の僕となる心をお与えください。父と聖霊とともに一体であって世々に生き支配しておられる主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

=□■†代 祷===============================
▼ すべての社会事業を覚えて共に祈りましょう
全能の神よ、み子イエス・キリストは、小さい者のために行うことはわたしのために行うことになる、と教えられました。すべての人の僕となり、わたしたちのために命を捨て、死なれたみ子のように、わたしたちにも隣り人の僕となる心をお与えください。父と聖霊と共に一体であって世々に生き支配しておられる主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン
-----------------------------------
▼ 豪雨災害及び台風のすべての被災者を覚えて共に祈りましょう
天地の造り主である主よ、あなたは苦しみ悩みのうちにある人びとを支えてくださいます。どうか今、自然災害のために苦難のうちにある人びとを顧み、ふたたび立ち上がる力をさずけてください。また、わたしたちもこの人びとの悩み苦しみを祈りのうちに覚え、その痛みを少しでも共に担うことができますように。苦しむ人と共に歩んでくださる、主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン
-----------------------------------
▼ 新型コロナウイルスに苦しむすべての方々のため共に祈りましょう
神さま、今、新型コロナウイルスによる感染被害が世界に広まっています。どうか、医療従事者をはじめ、感染拡大を防ぐために、日夜働く人びとを強め助け、一日も早く、このウイルス被害が終息しますようにお導きください。感染によって発症した人びとの苦しみを和らげ、速やかな快復をお与えください。亡くなられた人びとの魂とその家族の上に、平安がありますように。また、感染が拡がらないよう諸活動を自粛している人びとに、あなたの励ましがあり、皆心を一つにして、この災害を克服できますように。これらの願いを、主イエス・キリストのみ名によって、お願いいたします。アーメン
-----------------------------------
▼ ウェールズ聖公会のため。ことにジョン・デイヴィーズ大主教(スワンシー・アンド・ブレコン教区主教)の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 神戸教区の諸教会・伝道所のため。10月25日(日)はオルターギルド及びアッシャーギルドのため。ことに各教会祭壇奉仕者グループの働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 主の公会の聖職に召される人が増し加えられるため

†††今週の福音書†††
----------------------------------------------------------------
【A:マタイによる福音書 22章:34-46節】
ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。
そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。
「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」
イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』
これが最も重要な第一の掟である。
第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』
律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」
ファリサイ派の人々が集まっていたとき、イエスはお尋ねになった。
「あなたたちはメシアのことをどう思うか。だれの子だろうか。」彼らが、「ダビデの子です」と言うと、イエスは言われた。「では、どうしてダビデは、霊を受けて、メシアを主と呼んでいるのだろうか。
『主は、わたしの主にお告げになった。「わたしの右の座に着きなさい、わたしがあなたの敵をあなたの足もとに屈服させるときまで」と。』
このようにダビデがメシアを主と呼んでいるのであれば、どうしてメシアがダビデの子なのか。」
これにはだれ一人、ひと言も言い返すことができず、その日からは、もはやあえて質問する者はなかった。
〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

──────────────────┐
□■ 報  告
──────────────────┘
■■ 2021年聖公会カレンダー・聖公会手帳
購入申込みを受け付けています。ご希望の方は掲示板の申込用紙にお名前と購入部数をご記入ください。締切は11月8日(日)です。

──────────────────┐
□■ 予  告
──────────────────┘
■■ 秋季逝去者記念礼拝・墓参の祈り
10月25日(日)の礼拝では、全ての逝去者を覚えて祈り、礼拝後、牛田の教会共同墓地にて墓参の祈りを行います。
-----------------------------------
■■ オリーブの会役員会
来主日11月1日(日)行います。役員の皆さんはご予定ください。
-----------------------------------
■■ 75周年誌 原稿執筆依頼
週報ボックスに依頼文を入れています。質問は教役者までお願いいたします。

===================================
● 今週の予定
27日(火) 幼児祝福式《栄光こども園》
28日(水) 合同礼拝《栄光こども園》
聖書のつどい《復活教会》
29日(木) 幼児祝福式《聖モニカ幼稚園》
31日(土) 運動会《栄光こども園》
===================================
● 今週の週日礼拝
10月28日(水) 午前7時 聖餐式 使徒聖シモン・使徒聖ユダ日
===================================
● 次主日11月1日諸聖徒日
【午前10時00分 日曜学校】
お話:長田 吉史司祭
【午前10時30分 聖餐式】
司式・説教:長田 吉史司祭
聖書朗読:有田 一郎さん
受付:木村 勇さん、廣瀬 誠さん
聖歌・チャントは11月からの再開を目指しております。
========================================
メール報配信の解除はホームページの「メール報登録と解除」の[メール報登録解除]欄にあなたのメールアドレスを記入し、送信してください。

□■□ 発行:広島復活教会 聖モニカ礼拝堂 :日本聖公会/神戸教区
■■■ 〒730-0014 広島市中区上幟町10-11 TEL:082-227-1553
□■□ 広島復活教会 インターネットコミュニケーションズ
□■□ HRC Internet Communications Division
========================================