2020/07/11 17:02:02
  • 【HRC_Mail】広島復活教会メール報 vol:961:2020/07/12

主の平和。
このメール報は {YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日
{EMAIL}宛てにお送りいたしております。

━━━━━━━━━━http://hrc-nskk.jp/━
■□■
□□□広 島 復 活 教 会 メ ー ル 報
■□■
■□■2020月07月12日号<2020-28> 通巻:961
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●聖霊降臨後第6主日 (特定10)●
【午前10時00分日曜学校】
お話:永野 拓也執事
【午前10時30分聖餐式・逝去者記念式】
司式:長田 吉史司祭 説教:永野 拓也執事
聖書朗読:西村 功さん
受付:栗栖 直美さん、二井 正秀さん
聖歌・チャントは当分の間、割愛いたします。

=□■†今主日の祈り【 聖霊降臨後第6主日 (特定10) 】===
主よ、憐れみの耳を傾けて、僕らの祈りをお聞きください。どうかその願いがかなえられるために、主の喜ばれることを願い求めさせてください。主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

=□■†代 祷===============================
▼ 豪雨災害のすべての被災者のため。災害によって亡くなられた方々の魂の平安を覚えて。また、すべての被災者に必要な支援が満たされるため共に祈りましょう
天地の造り主である主よ、あなたは苦しみ悩みのうちにある人びとを支えてくださいます。どうか今、九州地方を中心とした豪雨災害のために苦難のうちにある人びとを顧み、ふたたび立ち上がる力をさずけてください。また、わたしたちもこの人びとの悩み苦しみを祈りのうちに覚え、その痛みを少しでも共に担うことができますように。苦しむ人と共に歩んでくださる、主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン
-----------------------------------
▼ 新型コロナウイルスに苦しむすべての方々が一刻も早く治療を受け、回復に向かうため、またすべての医療従事者にみ守りが与えられるため
-----------------------------------
▼ パプアニューギニア聖公会のため。ことにアラン・ミギ大主教の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 海の主日にあたり、全世界のミッション・トゥ・シーフェアラーズの働きおよび港の仕事に従事する人とその家族のため。ことに苫小牧、横浜、神戸ミッション・トゥ・シーフェアラーズのため共に祈りましょう
全能の神よ、あなたの道は海の上に、あなたの歩かれる小路(こみち)は大海(たいかい)の上にあります。どうか、深い淵の上で多くの危難に出会う人々と共にいてください。彼らをすべての危険から守り、その航海を幸いなものとし、主のいつくしみを感謝しつつ、ついに望む港に着くことが出来ますようにお導きください。主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン
-----------------------------------
▼ 神戸教区の諸教会・伝道所のため。7月12日(日)は、広瀬基督教会を覚えて。ことに管理牧師のパウロ瀬山 公一司祭の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 主の公会の聖職に召される人が増し加えられるため

†††今週の福音書†††
----------------------------------------------------------------
【A:マタイによる福音書13章:1-9,18-23節】
13:01 その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。
13:02 すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。
13:03 イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。
13:04 蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。
13:05 ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。
13:06 しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
13:07 ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。
13:08 ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。13:09耳のある者は聞きなさい。」
13:18「だから、種を蒔く人のたとえを聞きなさい。
13:19 だれでも御国の言葉を聞いて悟らなければ、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取る。道端に蒔かれたものとは、こういう人である。
13:20 石だらけの所に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて、すぐ喜んで受け入れるが、13:21自分には根がないので、しばらくは続いても、御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である。
13:22 茨の中に蒔かれたものとは、御言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。
13:23 良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人であり、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結ぶのである。」
〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

──────────────────┐
□■ 報  告
──────────────────┘
■■ オリーブの会役員会
先主日7月5日(日)に行われ、以下のことが報告及び話し合われました
ゞ偽萇愎猷颪愃G度の分担金、退職教役者等援助金、被献日献金、感謝箱献金167,140円を送金したことが報告された
⊂緘彰決算報告の検討が行われた
9月6日(日)のミニバザー開催について
----------------------------------
■■『夏季感謝特別献金』
現在、封筒をお配りしています。9月6日(日)までです。今年の目標額は、40万円ですご協力下さい

──────────────────┐
□■ 予  告
──────────────────┘
■■ スザンナ有田 一江姉 逝去者記念式(3周年)
7月12日(日)の聖餐式の中で行います
----------------------------------
■■ 7月度教会委員会
7月12日(日)聖餐式の後に行います委員の方はご参集ください
----------------------------------
■■ オリーブの会例会
来主日7月19日(日)予定されていましたが、中止と致します
----------------------------------
■■ 遊休品のお願い
9月6日(日)にミニバザーを開催します。遊休品の募集を行いますのでご協力よろしくお願いします

===================================
●今週の予定
14日(火) こども園総会《栄光こども園》
     聖書サークル打ち合わせ《聖モニカ幼稚園》
15日(水) 合同礼拝《栄光こども園》
     刺繍の会《復活教会》
     職員聖研《聖モニカ幼稚園》
16日(木) 生日会《栄光こども園》
17日(金) 合同礼拝《聖モニカ幼稚園》
===================================
●今週の週日礼拝
7月15日(水) 午前7時 聖餐式
===================================
●次主日 7月19日 聖霊降臨後第7主日(特定11)
【午前10時00分 日曜学校】
お話:永野 拓也執事
【午前10時30分 み言葉の礼拝と陪餐】
司式・説教:永野 拓也執事
聖書朗読:西本 興太郎さん
受付:滝村 千代子さん、永田 加枝子さん、増山 惠子さん
聖歌・チャントは当分の間、割愛いたします
========================================
メール報配信の解除はホームページの「メール報登録と解除」の[メール報登録解除]欄にあなたのメールアドレスを記入し、送信してください。

□■□ 発行:広島復活教会 聖モニカ礼拝堂 :日本聖公会/神戸教区
■■■ 〒730-0014 広島市中区上幟町10-11 TEL:082-227-1553
□■□ 広島復活教会 インターネットコミュニケーションズ
□■□ HRC Internet Communications Division
========================================