2019/04/07 03:22:38
  • 【HRC_Mail】広島復活教会メール報 vol:903:2019/04/07

主の平和。
このメール報は {YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日
{EMAIL}宛てにお送りいたしております。

━━━━━━━━━━http://hrc-nskk.jp/━
■□■
□□□ 広 島 復 活 教 会 メ ー ル 報
■□■
■□■2019/04/07号 <2019-14> 通巻:903
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ 大斎節(Lent) □■□■
期間:2019年3月6日(水)~4月20日(土)
教会では、3月6日(水)から主日を除く40日間、大斎節に入りました。
これは、主イエスが公の生涯に入られる前に荒野で断食され、悪魔の誘惑に打ち勝たれたことを模範として、わたしたちも信仰の克己・修練の時として、守るものです。神さまのみ言葉に耳を傾け、祈りの時としたいものです。

●大斎節第五主日●
【日曜学校はお休みします】
【午前10時30分聖餐式】
司式・説教:長田 吉史司祭
奏 楽:谷 照子さん、福間 剛さん
聖書朗読:木本 慈子さん
受 付:河村 裕之さん、伊藤 節子さん
聖 歌:354、374、131、497

=□■†今主日の祈り【大斎節第五主日】==============
全能の神よ、み子イエス・キリストは大祭司として来られ、その血をもって至聖所に入り、ただひとたび永遠の贖いを全うされました。どうかご自身を神にささげたキリストの血によって、わたしたちの良心を死に至る行いから清め、あなたに仕えさせてください。主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

=□■†代 祷===============================
▼アイルランド聖公会の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼神戸教区の諸教会・伝道所のため。ことに4月7日(日)は松蔭中学・高校礼拝堂・神戸松蔭女子学院礼拝堂を覚えて。司祭イサク坪井 智中高チャプレン、司祭マルコ藤井 直人、司祭バルナバ瀬山 会治大学チャプレンの働きが祝されるため
-----------------------------------
▼聖モニカ礼拝堂および聖モニカ幼稚園の改築に向けた準備が神様のみ心にかなうものとなるため
-----------------------------------
▼主の公会の聖職に召される人が増し加えられ、福音が益々宣べ伝えられるようになるため
-----------------------------------
▼新年度を迎える子どもたちのため

†††今週の福音書†††
----------------------------------------------------------------
【ルカによる福音書20章:9-19節】
イエスは民衆にこのたとえを話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、これを農夫たちに貸して長い旅に出た。
収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を納めさせるために、僕を農夫たちのところへ送った。ところが、農夫たちはこの僕を袋だたきにして、何も持たせないで追い返した。
そこでまた、ほかの僕を送ったが、農夫たちはこの僕をも袋だたきにし、侮辱して何も持たせないで追い返した。
更に三人目の僕を送ったが、これにも傷を負わせてほうり出した。
そこで、ぶどう園の主人は言った。『どうしようか。わたしの愛する息子を送ってみよう。この子ならたぶん敬ってくれるだろう。』
農夫たちは息子を見て、互いに論じ合った。『これは跡取りだ。殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』
そして、息子をぶどう園の外にほうり出して、殺してしまった。さて、ぶどう園の主人は農夫たちをどうするだろうか。
戻って来て、この農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。」彼らはこれを聞いて、「そんなことがあってはなりません」と言った。
イエスは彼らを見つめて言われた。「それでは、こう書いてあるのは、何の意味か。『家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。』その石の上に落ちる者はだれでも打ち砕かれ、その石がだれかの上に落ちれば、その人は押しつぶされてしまう。」
そのとき、律法学者たちや祭司長たちは、イエスが自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいたので、イエスに手を下そうとしたが、民衆を恐れた。
〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

──────────────────┐
□■ 報  告
──────────────────┘
■■入園式
4月1日(月)に栄光こども園の入園式が行われました。新しく入園してきた園児と保護者の皆さんの上に主のみ恵みとみ守りがありますようにお祈りください。
-----------------------------------
■■第56回中高生大会への募金感謝
先主日3月31日(日)に行われた募金で、53,500円のご協力をいただきました。皆様からのご協力は、中高生大会参加者のために用います。ご協力いただき、本当にありがとうございました。

──────────────────┐
□■ 予  告
──────────────────┘
■■オリーブの会役員会
本日4月7日(日)、昼食後に行います。役員の方はお集まり下さい。
-----------------------------------
■■4月度教会委員会
来主日4月14日(日)、昼食後に行います。委員の方々はご予定下さい。
-----------------------------------
■■復活日前の清掃について
来主日4月14日(日)、礼拝後に行います。ご協力お願い致します。
-----------------------------------
■■聖歌隊募集について
4月21日(日)の復活日礼拝に向けて、聖歌隊の練習を行いたいと思います。参加してくださる方は、教役者または、脇坂直美さんに伝えていただければと思います。
-----------------------------------
■■礼拝後の聖歌練習
5月から「次主日礼拝の聖歌」の練習を礼拝後に行います。
-----------------------------------
■■聖モニカ礼拝堂特別な礼拝のご案内
●上棟式:4月23日(火) 10:00から
 ※新築現場付近で行います。
●聖別式・落成式:7月6日(土) 10:30から
 ※新礼拝堂及び幼稚園ホールで行われます。
===================================
●今週の予定
8日(月) 始業式《栄光こども園》
9日(火) 入園式《栄光こども園》
     職員聖研《聖モニカ幼稚園》
10日(水) 聖書のつどい《復活教会》
     聖モニカ定例会議
11日(木) 入園式《聖モニカ幼稚園》
     宣教部会《復活教会》
===================================
●今週の週日礼拝
4月10日(水) 午前7時00分 聖餐式
===================================
●次主日 4月14日 復活前主日
【午前10時00分 日曜学校】
お話:永野 拓也執事
【午前10時30分 聖餐式】
司式:長田 吉史司祭 説教:永野 拓也執事
奏楽:中谷 郁子さん 聖書朗読:滝村 千代子さん
受付:二井 正秀さん、栗栖 直美さん
聖歌:356、137、241、357
========================================
メール報配信の解除はホームページの「メール報登録と解除」の[メール報登録解除]欄にあなたのメールアドレスを記入し、送信してください。

□■□ 発行:広島復活教会 聖モニカ礼拝堂 :日本聖公会/神戸教区
■■■ 〒730-0014 広島市中区上幟町10-11 TEL:082-227-1553
□■□ 広島復活教会 インターネットコミュニケーションズ
□■□ HRC Internet Communications Division
========================================