2017/04/29 16:39:32
  • 【HRC_Mail】広島復活教会メール報 vol:819:2017/04/30

主の平和。
このメール報は {YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日
{EMAIL}宛てにお送りいたしております。

━━━━━━http://hrc-nskk.jp/━
■□■
□□□広島復活教会メール報
■□■
■□■2017/04/30号<2017-18>通巻:819
■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 復活節第三主日 ●
【午前10時00分 日曜学校】
お 話:遠藤 洋介 執事
【午前10時30分 聖餐式】
司式・説教:信岡 章人 司祭 補式:遠藤 洋介 執事
奏 楽:貞盛 克己 さん 聖書朗読:
受 付:滝村 千代子さん、赤木 京子さん、仲渡 規矩子さん
聖 歌:181、363、242、457

===================================
□■ †今週の祈り【復活節第三主日】
神よ、祝福されたみ子は、パンを裂くみ姿のうちに、ご自身を弟子たちに示されました。み恵みによって、わたしたちの信仰の目が開かれ、贖いのすべてのみ業のうちに主を見いだすことができますように、父と聖霊とともに一体であって世々に生き支配しておられる主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

===================================
□■ † 代 祷 (お祈りください)

▼ 南インド聖公会、ナンジャル教区のため。ことにエッゴニ・プシュパラリタ主教の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ すべての被災者に必要な支援が満たされるため
-----------------------------------
▼ 神戸教区の諸教会・伝道所のため。ことに福山諸聖徒教会とそこに遣わされているマルコ平野一郎司祭の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 下関聖フランシス・ザビエル教会のため、ことに「下関祈りの家」の働きが祝されるため。教会を支える高齢者の健康のため。また、宣教活動の導きのため
-----------------------------------
▼ 聖モニカ礼拝堂および聖モニカ幼稚園の改築に向けた準備が神様のみ心にかなったものとなるため
-----------------------------------
▼ 教区神学生のため。ことにルカ宮田裕三神学生、バルナバ永野拓也神学生、バルナバ野間光顕神学生の霊的成長のため

††† 今週の福音書 †††
----------------------------------------------------------------
【 ルカによる福音書 第24章:13-35節 】

ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、この一切の出来事について話し合っていた。

話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。
しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとは分からなかった。

イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。
その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかったのですか。」

イエスが、「どんなことですか」と言われると、二人は言った。
「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。
それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。
わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。
ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。
仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。」

そこで、イエスは言われた。「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。」
そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。
一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。

二人が、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。

二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。

そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。
二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

──────────────────┐
□■ 報 告
──────────────────┘
■■ ボーイスカウトバザー
4月29日(土・祝)午前11時~午後2時まで、聖モニカ幼稚園で行われました。天候にも恵まれ、教会からも多くの来場者がありました。ありがとうございました。

-----------------------------------
■■ 広島復活教会住所録
現在、最新版を作成しており、遠藤執事が皆様に印刷・製本前の最後の確認に回ります。ご協力ください。

──────────────────┐
□■ 予 告
──────────────────┘
■■ 聖モニカ礼拝堂 礼拝
5月の聖モニカ礼拝堂の礼拝は、6日(土)に聖餐式を行います。是非ご予定ください。

-----------------------------------
■■ 5月度オリーブの会役員会
来主日5/14(日)昼食後に行います。役員の皆様はご予定ください。

-----------------------------------
■■ 5月度教会委員会
5/14(日)に行います。教会委員の皆様はご予定ください。

-----------------------------------
■■ 2017年沖縄週間/沖縄の旅のご案内
日 時:2017年6月23日(金)から26日(月)
費 用:参加費19,000円+各地からのホテルパック
申込締切:5月8日(月)

参加を希望される方は詳細をお渡ししますので、牧師まで。
なお、長田司祭はスタッフのため参加します。

-----------------------------------
■■ 来週5月7日 復活節第四主日の福音書
【 ヨハネによる福音書 第10章1-10節 】

「はっきり言っておく。羊の囲いに入るのに、門を通らないでほかの所を乗り越えて来る者は、盗人であり、強盗である。
門から入る者が羊飼いである。

門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。
羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。

自分の羊をすべて連れ出すと、先頭に立って行く。
羊はその声を知っているので、ついて行く。

しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げ去る。
ほかの者たちの声を知らないからである。」

イエスは、このたとえをファリサイ派の人々に話されたが、彼らはその話が何のことか分からなかった。

イエスはまた言われた。

はっきり言っておく。
わたしは羊の門である。
わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。
しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。

わたしは門である。
わたしを通って入る者は救われる。
その人は、門を出入りして牧草を見つける。
盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。

わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

===================================
● 教役者の今週の予定
5/
2日(火)
職員聖研【栄光幼稚園】
聖モニカ礼拝堂改築検討委員会【聖モニカ礼拝堂】
6日(土)
聖餐式【聖モニカ礼拝堂】

===================================
● 今週の週日礼拝
5月1日(月) 午前9時聖餐式 使徒聖ピリポ・使徒聖ヤコブ日
5月3日(水) 午前7時聖餐式

===================================
● 次主日(5月7日 復活節第四主日)
【午前10時00分 日曜学校】
お 話: 長田 吉史 司祭
【午前10時30分 聖餐式】
司式・説教:長田 吉史 司祭
奏 楽:脇坂 直美さん 聖書朗読:田中 晃子さん
受 付:河村 裕之さん、伊藤 節子さん
聖 歌:167、461、258、462
===============================================
メール報配信の解除はホームページの「メール報登録と解除」の[メール報登録解除]欄にあなたのメールアドレスを記入し、送信してください。

□■□ 発行:広島復活教会 聖モニカ礼拝堂 :日本聖公会/神戸教区
■■■ 〒730-0014 広島市中区上幟町10-11 TEL:082-227-1553
□■□ 広島復活教会 インターネットコミュニケーションズ
□■□ HRC Internet Communications Division
===============================================