2017/10/21 19:41:12
  • 【HRC_Mail】広島復活教会メール報 vol:842:2017/10/22

主の平和。
このメール報は {YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日
{EMAIL}宛てにお送りいたしております。

━━━━━━ http://hrc-nskk.jp/ ━
■□■
□□□ 広 島 復 活 教 会 メ ー ル 報
■□■
■□■ 2017/10/22号 <2017-43>通巻:842
■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 聖霊降臨後第20主日(特定24) ●
【午前10時00分 日曜学校】
お話:長田 吉史司祭
【午前10時30分 聖餐式】
司式・説教:長田 吉史司祭
奏楽:岩井 宏華さん 聖書朗読:脇坂 直美さん
受付:安部 早苗さん、栗栖 啓一さん
聖歌:357、434、255、391

===================================
□■ †今週の祈り【聖霊降臨後第18主日(特定22)】
主よ、どうかみ民の罪を赦し、豊かなみ恵みにより、弱さのために犯した罪の束縛から解放してください。天の父よ、救い主、イエス・キリストのいさおによってお願いいたします。アーメン

===================================
□■ † 代 祷 (お祈りください)
▼ メラネシア聖公会、テモトゥ教区のため。ことにレオナード・ダウィー主教の働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 神戸教区の諸教会・伝道所のため。ことに本日はオルターギルド及びアッシャーギルドのため。ことに各教会祭壇奉仕者グループの働きが祝されるため
-----------------------------------
▼ 徳山聖マリア教会のため、ことに徳山めぐみ幼稚園と日曜学校の導きのため
-----------------------------------
▼ 聖モニカ礼拝堂および聖モニカ幼稚園の改築に向けた準備が神様のみ心にかなうものとなるため
-----------------------------------
▼ 教区神学生のため。ことにルカ宮田裕三神学生、バルナバ永野拓也神学生、バルナバ野間光顕神学生の霊的成長のため


††† 今週の福音書 †††
----------------------------------------------------------------
【マタイによる福音書 第22章:15-22節】

それから、ファリサイ派の人々は出て行って、どのようにしてイエスの言葉じりをとらえて、罠にかけようかと相談した。

そして、その弟子たちをヘロデ派の人々と一緒にイエスのところに遣わして尋ねさせた。
「先生、わたしたちは、あなたが真実な方で、真理に基づいて神の道を教え、だれをもはばからない方であることを知っています。人々を分け隔てなさらないからです。ところで、どうお思いでしょうか、お教えください。皇帝に税金を納めるのは、律法に適っているでしょうか、適っていないでしょうか。」

イエスは彼らの悪意に気づいて言われた。「偽善者たち、なぜ、わたしを試そうとするのか。 税金に納めるお金を見せなさい。」彼らがデナリオン銀貨を持って来ると、イエスは、「これは、だれの肖像と銘か」と言われた。彼らは、「皇帝のものです」と言った。

すると、イエスは言われた。
「では、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」
彼らはこれを聞いて驚き、イエスをその場に残して立ち去った。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉


──────────────────┐
□■ 報  告
──────────────────┘
■■ 聖モニカ礼拝堂の礼拝
10月21日(土)にみ言葉の礼拝が行われました。
来月は11月4日(土)にみ言葉の礼拝が行われます。ご予定ください。

-----------------------------------
■■ 聖公会カレンダー・聖公会手帳
締切は来週10月29日(日)です。お早めにお申し込みください。

-----------------------------------
■■ 収穫感謝献金
2017年度収穫感謝献金の献金袋を週報BOXに入れております。ご協力をお願いいたします。

-----------------------------------
■■ バザーの食券申込開始
食券の申し込みを受け付けております。専用の封筒に各食券の枚数を記入し、現金を同封の上、遠藤執事、田中晃子姉、浜井美喜姉のどなたかにお渡しください。


──────────────────┐
□■ 予  告
──────────────────┘
■■ 教会映画会
11月22日(日)昼食後に「この世界の片隅に」を上映いたします。広島市江波から呉市に嫁いだ一人の女性の戦時下における生活を描いた大変話題となった作品です。是非ご来場ください。

-----------------------------------
■■ 教会墓地清掃(牛田墓地)
10月28日(土)に行います。広島復活教会の共同墓地です。是非、ご予定ください。

-----------------------------------
■■ 播磨聡牧師招聘講話
11月5日(日)午後3時から、日本バプテスト連盟広島キリスト教会の播磨聡牧師をお招きして「若者への教会宣教」についての講話をお聞きします。是非、ご予定ください。

-----------------------------------
■■ 教会バザー協賛のお願い
今年の教会バザーのために協賛くださる方を募集しています。ご協力をお願いいたします。

-----------------------------------
■■ 教会バザー遊休品献品のお願い
今年のバザーに向けての遊休品を募集します。たくさんの献品をお願いいたします。なお、新品・未開封の物品でお願いします。

-----------------------------------
■■ ヨガ教室開催!!
11月17日(金)午前10時半より当教会で開催されます。当日ご持参いただく物は、タオル、ドリンク、ヨガマット(バスタオルでも可)です。
参加費:1,000円
講師:柚木愛美さん
どなたでも参加できます。ご予定ください。

-----------------------------------
■■ 来週の福音書
【マタイによる福音書 第22章:34-46節】

ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。 そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。 「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」

イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

ファリサイ派の人々が集まっていたとき、イエスはお尋ねになった。
「あなたたちはメシアのことをどう思うか。だれの子だろうか。」彼らが、「ダビデの子です」と言うと、イエスは言われた。

「では、どうしてダビデは、霊を受けて、メシアを主と呼んでいるのだろうか。『主は、わたしの主にお告げになった。「わたしの右の座に着きなさい、わたしがあなたの敵をあなたの足もとに屈服させるときまで」と。』

このようにダビデがメシアを主と呼んでいるのであれば、どうしてメシアがダビデの子なのか。」これにはだれ一人、ひと言も言い返すことができず、その日からは、もはやあえて質問する者はなかった。

〈出典:日本聖書協会:新共同訳聖書〉

===================================
● 教役者の今週の動静
24日(火) 誕生日会《栄光幼稚園》
25日(水) 合同礼拝《栄光幼稚園》
26日(木) 幼児祝福式《聖モニカ礼拝堂》
職員聖研《栄光幼稚園》
27日(金) 運営会議《栄光幼稚園》
28日(土) 墓地清掃《牛田墓地》

===================================
● 今週の週日礼拝
10月22日(水) 午前7時 聖餐式福音記者聖ルカ日
10月28日(土) 午前9時 聖餐式使徒聖シモン・使徒聖ユダ日

===================================
● 次主日10月29日聖霊降臨後第21主日(特定25)
【午前10時00分日曜学校】
お話:遠藤 洋介執事
【午前10時30分み言葉の礼拝と陪餐】
司式・説教:遠藤 洋介執事
奏楽:貞森 克己さん聖書朗読:赤木 京子さん
受付:滝村 千代子さん、赤木 京子さん、仲渡 規矩子さん
聖歌:358、480、262、403
===============================================
メール報配信の解除はホームページの「メール報登録と解除」の[メール報登録解除]欄にあなたのメールアドレスを記入し、送信してください。

□■□ 発行:広島復活教会 聖モニカ礼拝堂 :日本聖公会/神戸教区
■■■ 〒730-0014 広島市中区上幟町10-11 TEL:082-227-1553
□■□ 広島復活教会 インターネットコミュニケーションズ
□■□ HRC Internet Communications Division
===============================================